2017年6月5日月曜日

PulseAudioで同じ音を複数のデバイスに出力する

paprefsをインストールすればよい。

まずpaprefsを起動して仮想出力を追加し、pulseaudioを再起動する。
あとはpavucontrolでも何でもいいからpulseaudioの設定ツールを使って出力先を選択すれば、それだけで同じ音を複数のデバイスから流せるようになる。

参考
Arch Wiki - PulseAudio/トラブルシューティング

実質引き写しだけど忘れそうなのでメモ。